京都の染めもん屋 そめたろ

オーダー前の注意点

入稿にデータついて

1

Illustrator または Photoshopで作成したデータをご準備ください。
[.ai、.pdf、.jpg、.tif、.epsなどの拡張子がついているデータ]
※ExcelやWordに貼り付けられたデータやPowerpointのデータ等は
 参考資料としてお預かりし、データ製作費は別途必要となります。

2

フォントはアウトライン化をしてください。

3

デザインデータが無い場合はご相談ください。デザイン制作のお見積りを致します。
既存画像等からのトレース作業については別途作業費用が発生します。(3000円〜)

4

画像データは200~300dpi程度のものをご準備ください。

5

デザインは仕上がりサイズに対して2~5センチの塗り足しデータを作ってください。
「縫いしろ」や「断ちしろ」を確保するために必要となります。

6

細かすぎるデザインは工法によっては表現が難しい場合がございます。
(文字や絵柄が潰れる可能性があります)
転写の場合:1ミリ程度の線の太さ以下は避けてください。
引染の場合:3ミリ程度の線の太さ以下は避けてください。

7

綿や麻の色の「ぶっつけ/つきつけ」(色と色が接すること)の両面染めは、黒色以外は基本的には白ふち付きになります。
 ※色やデザインにもよるのでご相談ください。

8

グラデーション・写真等のフルカラーの表現については、
「インクジェット染色」または「昇華転写捺染」加工のみ対応可能です。

9

ボーダー柄、額ぶち柄などのデザインは、生地や染色工法により、まっすぐなラインを
表現するのが大変困難な場合がございます。

仕上がり寸法について

1

生地の特性上、伸縮や縫い縮み等が原因でご指定の寸法よりも若干異なることがあります。
1~3%前後の誤差を許容範囲としております。

2

1cm未満での寸法の指定には対応しておりません。

3

ご使用後の伸縮に対しての対応はしておりません。

4

風呂敷や暖簾などの生地の耳(端の厚みのあるところ)を使用する場合は、反ごとの触れ幅
がありますので予めご確認ください。

生地の色や材質について

1 リスク最小限!豊富な在庫生地

染色専用の豊富な在庫生地から、どんな小ロットでも対応出来るようにご用意しております。
当社の在庫生地は全て染色に適した加工が施されています。また、繊維によるムラを防ぐため、
すべて単一繊維にしています。

2 生地の支給(持ち込み)に関して

当社では最適な仕上がりを目指すため、染めに適した生地を専門業者から仕入れています。
市販の生地は染めに適していない様々な加工が施されている理由から、原則、生地の支給(持ち込み)
はお断りをしております。
生地の支給(持ち込み)を希望される場合は、以下の2点をご理解のうえご相談ください。
①染着テスト・発色テスト等に時間がかかる
②うまく染まらない可能性がある

3 生地の問題あれこれ・・・

生地に関して以下の問題点が常時発生しております!製作時には十分注意をしておりますが、
お客様に納期にゆとりを持ってご発注頂きたい大きな要因となっております。

アフターケアについて

↑