京都の染めもん屋 そめたろ

染色工法について

オンリーワンが基本のしるしもん(印染)

社名や店名、ロゴ、紋章などの“印”をお好みの色、サイズで染上げます。
オフィス街のビルの上に立つ旗、街中にある雰囲気のいいお店にかかる暖簾、
神社の本殿に吊られている幕など、“印”の入った商品を作製いたします。

弊社では、品質を一定に保つために、
自社で在庫する生地を使用していただくことを
お願いしております。

染め方いろいろ

ご使用になられる用途や場所、デザインやサイズ、ご予算、納期によって
さまざまな染め方と生地でご要望にお応えします。主な加工方法は
大きく分けて3つ、本染と顔料プリントとデジタル染色とに分けられます。

1.本染め

本染め

繊維の1本1本の中まで染料が入り込み、化学反応で発色・定着している。

2.顔料プリント

顔料プリント

最初から決まった色の顔料が生地の上に乗っている状態。

3.デジタル染色

・昇華転写

デジタル染色 昇華転写

繊維の表面(両面)のみにインクが染着している状態。

・インクジェット

デジタル染色 インクジェット

繊維の表面(片面)のみにインクが染着している状態。

本染

染料を使い、昔ながらに培ってきたノウハウで生地を染める「本染め」

本染めとはいわゆる”染め”のことを指しており、
染料を使用し昔ながらに培ってきたノウハウ
で生地を染めることを指しております。
本染めの工法として
①機械捺染(きかいなっせん)
②手捺染(てなっせん)
③型糊引染(かたのりひきぞめ)の三つをご用意しております。

1.機械捺染 (きかいなっせん)

ポリエステル、アクリル、綿生地など凹凸の少ない生地を両面染め抜きます。
数量はどんな商品でも1枚から染めます。

※片面染め・両面染め
加工生地:ポリエステル100%、アクリル100%、綿100%
最大仕上がりサイズ:140cm巾×350cm ※生地の種類(生地巾)にもよります。

2.手捺染 (てなっせん)

スクリーン型とスキージングによる捺染です。
上記の機械では染め抜けない細かい柄や白地の凹凸のある生地を染めます。

加工生地:ポリエステル100%、アクリル100%、綿100%
最大仕上がりサイズ :応相談

3.型糊引染 (かたのりひきぞめ)

厚手や凹凸のある生地を長尺で染める事が出来ます。
糊(のり)置きをした生地を左右から引っ張り、刷毛(はけ)で染めていきます。
主に製作する商品は神社の奉納幕、大のぼり、横幕、暖簾、日除け幕、機械捺染では染めることの出来ない大きさの商品などです。
一番時間がかかる染色方法ですが、本染ならではの色の深みは他とは比べ物になりません。

加工生地:ポリエステル100%、アクリル100%、綿100%、麻100%
最大仕上がりサイズ:140cm巾×22m ※生地の種類(生地巾)にもよります。

デジタル染色

昇華転写捺染と反応インクジェット捺染、最新の機械と長年の経験が実現する美しさ

デジタル染色の工法として、フルカラー染色が可能な二つの工法があります。
①昇華転写捺染(しょうかてんしゃなっせん) ポリエステル専用、両面・片面染め可能。
②インクジェット染色 天然繊維専用、片面染めのみ可能。

1.昇華転写捺染 (しょうかてんしゃなっせん)

大型インクジェットプリンターを使った染色です。
出力した2枚の転写紙の間にポリエステル生地を挟み、大型プレス機で熱を加えて色を発色させます。ポリエステルに対応する昇華性分散染料インクを使用しています。

加工生地:ポリエステル100%のみ
最大仕上がりサイズ(両面可能)
両面:約140×300cm ※生地の種類にもよります。
片面:生地幅×必要M数量
納期:およそ2~3週間 ※内容により変わります。

2.インクジェット染色(IJ染色)

前処理を施した綿や麻、絹などの生地に反応染料を噴き付け、蒸し、水洗を行うことで発色させる染色方法です。反応染料は天然繊維をそめるための染料です。スカーフや半纏、鯉口シャツなどを生産できます。片面染に限定されますがフルカラーでの染色が可能です。

加工生地:木綿、麻、絹などの天然繊維
最大仕上がりサイズ(片面のみ可能)
片面:生地幅×必要M数量
※対応幅は、弊社在庫生地では113cmです。

↑